ホームページの制作や運営サポートのご相談はデジフィーへ

お問い合わせはこちら

WordPressはSEOに強い?

2018年01月06日 SEO・マーケティング WordPress

最近よく「WordPressがSEO(検索で上位にあげる施策)に強いと聞いて」とご依頼をいただくことが多くなりました。逆にこちらから提案させていただく場合も、だいたいのご希望の機能をWordPressで完結できることが多くコスト削減にもつながるため、「WordPressでやりましょう」となることがほとんどです。

WordPressが持つSEOに有利な要素

  1. ブログ内蔵型である。
  2. 内部リンクがしっかりと貼れる構造になっている。
  3. サイトマップを随時Googleに通知できるプラグインがある。
  4. ページごとのタイトル、ディスクリプションその他HTMLの知識が必要になる設定をプラグイン利用により、管理画面からでも行える

などが、代表的なものとして挙げられます。

見込み客のニーズを満たす内容がホームページに記載されているか?

特に1のブログ内蔵型は、集客するための必須項目と言えます。理由は、検索上位にあげるための要因として多くのコンテンツ(ページ)を持つということが重要だからです。

多くのコンテンツを持つことはそれ自体が検索エンジンの評価を得やすいということがありますが、それだけでなく、御社の見込み客は、日々様々なキーワードで検索し欲しい情報(ニーズ)を探しています。そのニーズを満たす内容がホームページに掲載されていなければ、見込み客は御社のホームページを訪れることはありません
見込み客のニーズは、意外なところにあることが多いものです。できる限り様々な情報を発信しておくことで、見込み客のニーズにあたる可能性が高くなります。

WordPressはSEOに強い?のまとめ

WordPressはブログを利用して自社でもコンテンツ作成を簡単に行えますので、WordPressの仕様を生かして制作されている限り「WordPressはSEOに強い?」という質問に対してはイエスだと言えます。

Desifieでは、マーケティングの部分を含めたホームページ制作を提案させていただいております。お問い合わせはこちら>>